電話占い天啓

青森発霊視鑑定

鑑定のご予約・お問い合わせ

  • 新規の方の会員登録および受付へのお問い合わせ時間は、午前9:00~翌午前5:00までとなります。
  • 自動音声案内は24時間受け付けております。
  • ご利用になる場合には、電話番号を通知してお掛けください。
  • IPフォン・国際電話をご利用のお客様は0175-28-4040までお電話ください。
  • ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
閉じる

天啓通信

前世の記憶を知り現世の幸福を手に入れる

「私たちは死んだらどうなるのか?」これは人が知りたいと思う永遠のテーマのひとつです。そして霊界を自由に見ることができる霊能者はこのテーマの答えを知っています。生まれ変わり。前世の記憶。これらを深く知ることは現世の幸福へと繋がっているのです。

死後、魂は生まれ変わる

前世の記憶を知り現世の幸福を手に入れる

「生まれ変わり」という概念は、霊能者の間ではもはや定説とも言うべきものですが、霊能に携わっていない者にとってはあまり馴染みのない概念かもしれません。人は死後どうなるのか。無に還るのか。それとも天国や地獄に行くのか。これは人間が知性を得て以来、ずっと考えられ続けてきたテーマです。そして今もなお明確な答えは出されずにいます。死んだ後どうなるのかは死んでみないとわかりません。

しかし、この世界には現実世界と霊界を自在に見ることができる者が存在します。それが霊能者です。霊能者は霊界に意識を飛ばし、時にそこから超越的存在をこの世界に降ろし、叡智を引き出すことが可能です。そして、霊能者によって「死んだ魂は霊界に還り、そこで別の生を受け、再びこの世に戻ってくる」という真理が解明されています。

前世の記憶を持っている子供たち

多くの場合、前世の記憶は現世に引き継ぐことができません。一生の記憶は脳に保存されている一時的なデータであり、魂の記憶とは異なり、我々人間は基本的に脳の記憶のみを引き出すことで過去を認識しています。しかし、生後間もない赤子や幼児は、前世の記憶を有していることもあります。彼らは現世に生を受けたばかりであり、それゆえ霊体に近い存在であり、それ故に前世の記憶や霊界の記憶の一部を持っているのです。

母親が自分の子供に「生まれる前は何をしていたの?」と質問すると「お空の上からパパとママを見ていた」といった内容を話し出した。こういった事例は古今東西において多数あります。また、小さな子供が常識的に考えて知る由もない過去の話や、遠く離れた異郷の地の話、縁もゆかりもない異国の言語を突然しゃべり出したという事例も無数にあります。これらは魂に刻まれた前世の記憶が呼び起こされた結果であり、現世に来て間もない子供が前世のことを覚えているが故に他なりません。

しかし、そうした子供たちも、現世でさまざまな体験をし、成長し、大人になるにつれ、前世の記憶を失っていきます。厳密に言うと失っているわけではないのですが、思い出せなくなり、忘れていくのです。魂にしっかりと刻み込まれているにも関わらず、物質世界に意識が定着していくにつれ、魂の記憶を参照できなくなってしまうのです。

前世鑑定で魂の記憶を蘇らせる

多くの大人は前世の記憶を思い出すことができません。しかし例外もいます。それが霊能者と呼ばれる存在です。霊能者は物質世界を生きながら霊界に意識を飛ばし、霊的なものを見たり、感じ取ったりします。それゆえ、自らの魂に刻まれた前世の記憶を自在に読み取り、またそれだけでなく、他者の前世記憶すらも引き出すことが可能なのです。

現世で苛まれている様々な問題。その解決のためのヒントは前世の記憶にある場合が少なくありません。人の魂は何度も死と生を繰り返します。そして同じような試練に何度も遭い、それを克服することで、少しずつ高いステージに向かって成長していくのです。霊能者の前世鑑定を受けることで、あなたが現在悩んでいる問題を解決するための大きなヒントを得られる可能性があります。魂の記憶を自在に参照する霊能者の力を借り、あなたの前世で起きた出来事を知ることは、現世の幸福に向かう大きな足掛かりとなるのです。