電話占い天啓

青森発霊視鑑定

鑑定のご予約・お問い合わせ

  • 新規の方の会員登録および受付へのお問い合わせ時間は、午前9:00~翌午前5:00までとなります。
  • 自動音声案内は24時間受け付けております。
  • ご利用になる場合には、電話番号を通知してお掛けください。
  • IPフォン・国際電話をご利用のお客様は0175-28-4040までお電話ください。
  • ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
閉じる

天啓通信

霊能力に目覚める瞬間

霊能力に目覚める瞬間

霊能力とは限られた者のみが持つ人智を越えた力。その力は先天的に備わっている方もいれば、後天的に覚醒する方もいます。先天的に備わっている方の多くは、物心ついた頃から不思議なものを見ていたり、他の人には感じられないものを感じていたりしますが、後天的に覚醒した方は多くの場合、霊能力が目覚めることになった大きな転機が存在します。もっと厳密に言えば、潜在的には強い霊感を持ちながら、一定の年齢までそれが潜伏したままの状態で人生を過ごし、何か大きなきっかけを経てそれが一気に呼び覚まされる、というパターンが非常に多いのです。

1.臨死体験を経て

臨死体験を経て霊能力が覚醒した、という霊能者は数多くいらっしゃいます。その時期で最も多いのはやはり幼少期や思春期です。「幼い頃に大病を患った」「大きな事故に遭い生死の境を彷徨った」等の体験を経て、彼岸(あの世のことです)を垣間見たり、魂が肉体を半分離れた際に高位霊と接触したりし、それをきっかけに眠っていた霊感が一気に解き放たれる、というケースがとても多いようです。また、少々稀なケースですが、中には魂が現世に生を受ける以前の段階で「霊能力で悩める人を救う」という使命を授けられている方もいます。そういった方が自分の使命に気付くより前にうっかり命を落としかけた場合、守護霊や神霊から現世に引き留められ、「あなたにはまだやることがある、自分の果たすべき役割を果たしなさい」と訓告されるケースもあります。

2.身内の死に瀕した時

臨死体験の次に多いのが、身内の方の死を境に覚醒した、というものです。特に親や兄弟といった近しい縁者がお亡くなりになった後、その縁者の霊魂と何らかの形で接触し、それがきっかけとなって霊能力が呼び起こされる、というケースが散見されます。実は、我々の身の回りには日常的に浮遊霊が存在しており、どれだけ霊感のない方でも、霊との接触自体は日常的に体験しています。しかしながら、縁の結びつきが薄く力の弱い霊体と接触したところで、そこからの影響を受けることはまずありません。大多数の霊は力の弱い存在であり、生きている人間の持つ魂のオーラのほうが遙かに強いのです。ところが、親類縁者の方がお亡くなりになった場合、その霊はご本人様との結びつきが非常に強いものとなります。霊に何か伝えたいことがある場合、霊は何らかの形で接触を計ろうとするでしょう。そしてご本人様がそれに気付いた瞬間、霊的なチャンネルが一気に開き、霊能力が覚醒するのです。

3.強烈な霊場に足を運んだ時

神社やパワースポット、古来より修験場として用いられる霊山などに足を運んだ際、そこに居る神霊とご本人様の波長がぴったり重なり合うと神秘体験を味わうことがあります。神霊の意思が頭の中に直接入り込み、また時には神霊そのものが目の前に仮初の姿を現し、それにより霊能力が一気に覚醒させられるのです。このパターンは、そこに居る神霊とご本人様の相性のバランスによって引き起こされますので、大きな神社や有名なパワースポットでなくても充分に起こり得る可能性があります。またこのパターンでは、先天的にあまり能力に恵まれない方が神霊から強烈なパワーを分け与えられ、凄まじい能力者として覚醒する場合があります。極めてレアなケースですが、中には30代や40代でそういった体験を経て本職の霊能者として活動を始められた方もいらっしゃいます。

4.交際や結婚、出産を経て

その他、霊感の鋭い相手との交際関係の中で霊感が伝染するケースもあります。ただ、このケースで得る霊感は多くの場合一時的なもので、関係が破局してしばらくすると元に戻ってしまうことが大多数です。ところが、そんな相手と長年の関係を築き、結婚、出産といったステップを踏むと、ふたりの縁が密接に結びつき、霊感体質が強く伝染することがあります。縁を伝わって会得する霊感は多くの場合それほど強いものではありませんが、極めて稀なケースとして、ご本人様が潜在的に強力な霊感を持っている場合、それが“きっかけ”となり、霊能者としての活動が可能なほどの膨大な霊力が呼び起こされることもあるようです。