電話占い天啓

青森発霊視鑑定

鑑定のご予約・お問い合わせ

  • 新規の方の会員登録および受付へのお問い合わせ時間は、午前9:00~翌午前5:00までとなります。
  • 自動音声案内は24時間受け付けております。
  • ご利用になる場合には、電話番号を通知してお掛けください。
  • IPフォン・国際電話をご利用のお客様は0175-28-4040までお電話ください。
  • ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
閉じる

心霊体験談

イタコの不思議な予言

イタコの不思議な予言

以前、青森県を旅行した時、とても不思議なおばあさんに会ったことがあります。今の旦那とまだ結婚する前で、10年近く昔のことです。車で北海道まで行く旅行の最中、青森県を通ったんです。青函トンネルは車で通過できないらしいので、フェリーに乗ることにしたのですが、その道中、道の駅で休憩していた時、近くに住んでいるらしきおばあさんがいて、軽くお話したんです。

かなり津軽訛りが強い口調でしたが、「どこから来たのか?」「それは遠いところから来たね」「気を付けていきなさい」といったことを言ってくれているのはわかりました。そして、雑談交じりにおばあさんはいくつか不思議なことを告げてきたんです。

  • ふたりは結婚して一男二女を授かる
  • (私の)母は胃が悪くなるから定期的に医者に行くように
  • 彼(現旦那)は3年後に全く違う仕事に転職して成功する

そう言われました。予言? 不思議なおばあさんだなと思いました。

ちなみに、おばあさんは自分をイタコと言っていました。当時の私は「イタコは恐山にいる人だから、こんなところにいるはずはない」と思って、あまり信じませんでした。でも、この予言がすべて的中したのです。

まあ、カップルで旅行している私たちを見て「結婚する」と言うのはわかります。調子のいい人ならそう言うこともあるでしょう。でも、一男二女を授かる、というところまで的中したんです。当時、私は「結婚しても子供は作りたくない」と思っていたので、おばあさんの予言をまったく真に受けませんでした。でも、結婚してしばらくすると、子供がいてもいいかもな…と思うようになり、妊活してみたんです。するとすぐに妊娠。長女が生まれました。初めて生んだ我が子はとても可愛くて、胸の中が母性でいっぱいになり、自分にもこんな感情があるんだ、と思いました。そして、あと一人か二人子供が欲しい、にぎやかな家族にしたい、と思うようになったんです。結果、おばあさんの予言通り、一男二女を授かることになりました。当時の私からは到底想像できない状況です。

あと、母の身体に関する予言も的中しました。これに関しては本当におばあさんに感謝しています。その後、言われた言葉が気になって、母に人間ドックを勧めたんです。そうしたら、初期の胃がんが見つかりました。胃がんって男性のイメージが強かったので驚きました。でも、本当に初期の段階で発見できたので、手術も無事に成功。あれから数年経ちましたが再発していません。母は医者嫌いなので、あの予言がなかったら絶対に自分から人間ドックに行かなかったと思います。教えてくれたおかげで母の命が救われました。

また、旦那が転職する、というのも当たりました。それまで旦那はわりと大きな会社の営業職をしていたのですが、その旅行からちょうど3年ほど経った新婚時、いきなり転職を決め、ベンチャー企業の制作職に就きました。最初聞いた時は「なんでわざわざ新婚の今!?」と思いもしましたが、どうやら以前から制作職に就きたいと思っていたらしく、20代後半の今がラストチャンスだと思ったようです。転職活動すら難しいのでは…という私の懸念をよそに、あっさりと採用が決まりました。転職先は当時まだ小さな会社でしたが、それからWebを中心に事業を拡大させていき、現在では社員数が2倍以上になっているようです。旦那も役職付きに出世しています。

旅行の最中に、ふらっと立ち寄った道の駅にたまたまいた気さくなおばあさん。そのおばあさんから何気なく言われた予言が、まさか私のその後の人生をすべて的中させてしまうなんて、恐ろしいです。自分をイタコだと言っていたのも本当なのでしょう。あれからイタコに興味を持つようになって、いろいろ調べてみたのですが、「イタコは恐山にいる人」という私の認識は間違っていることがわかりました。恐山には大祭の時期があって、その時だけイタコがいること、普段は青森県内の村や町で普通に暮らしていること、また恐山に行かずに鑑定をしているイタコもいることなど知りました。事実を知るにつれ、あのおばあさんは本当にイタコの先生だったんだと確信しました。

もしあのおばあさんに再びお会いすることができたら、ぜひお礼を言いたい、そしてできればまた占ってもらいたい、と思っています。

(東京都府中市 角田夏希さん 35歳 主婦)

潜眼先生より

恐山のイタコは高齢化が進み数少なくなっておりますが、恐山に足を運ばずに青森県各地で活動している“街のイタコ”は今なお多数いらっしゃいます。彼らは地域の住民たちの相談役として紹介制でのみ鑑定を受け付けている場合が多いので、通常、地元の人ではない方はそういった“街のイタコ”と接触する機会はほぼありません。ご投稿者様のケースはとても珍しく貴重な体験であったと言えるでしょう。

また、イタコは霊降ろしをする人という印象がありますが、彼らの大部分は先天的な霊感に秀で、霊視や予知といった不思議な力を使い、原罪の状況を言い当てたり、未来の趨勢を予言したりすることもできます。電話占い天啓をはじめとするイタコ系の電話占いには、そういった方々も数多く在籍しており、電話を通して鑑定を受けることが可能です。鑑定の機会をお探しであれば、天啓の霊能者紹介をご覧になり、そういった方々にご依頼をされるとよろしいかと思われます。