電話占い天啓

青森発霊視鑑定

鑑定のご予約・お問い合わせ

  • 新規の方の会員登録および受付へのお問い合わせ時間は、午前9:00~翌午前5:00までとなります。
  • 自動音声案内は24時間受け付けております。
  • ご利用になる場合には、電話番号を通知してお掛けください。
  • IPフォン・国際電話をご利用のお客様は0175-28-4040までお電話ください。
  • ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
閉じる

霊媒事件簿

絶望が染み付いた雑居ビル

第7話

東京のビルオーナーの方から除霊依頼。青森在住のイタコが十数年ぶりに都会の地に足を運ぶと、そのビルには現代社会問題に結びつく淀んだ因縁が渦巻いていた…。

都会の雑居ビルのお祓い依頼

絶望が染み付いた雑居ビル

先日、我々の所属するイタコ組合にお祓いの依頼が入りました。依頼主の方は東京の方。とあるビルの競売物件を落札し、リフォームを施し、オフィス用の賃貸物件として貸し出したそうなのですが、借り手の方々から「幽霊が出る」とクレームが何度も入ってしまい、悩んでいるとのこと。私はイタコですので不動産にはそれほど詳しくないのですが、競売物件には“訳アリ”の物件も少なくないそうです。

中古の住宅を買った方や地主の方からの除霊依頼は決して少なくないのですが、競売物件を落札した方からの除霊依頼は初めてでしたので、とても印象的でした。

繁華街の雑念の多さに驚きました

イタコ組合の一員として除霊を担当させていただいた私は、実際に現地に赴いてみることにしました。私は青森県の田舎に住んでおり、主にご近所の方々を相手にする紹介制の対面鑑定と、電話占い天啓の鑑定のみを生業としております。東京へ行くのは数年ぶり、いえ十数年ぶりのことです。

久々の都会は人が多く、繁華街の雑踏が醸し出す雑念の多さに改めて驚きました。問題の雑居ビルは、新幹線の駅を降り、山手線で移動した先にありました。やや建物が古さを感じさせるものの、駅から徒歩5分の近さで、大通りに面しており、借り手が多そうな好立地でした。

その一方、ビルの外観を眺めているだけで、何やら歪んだ波動が出ているのが分かりました。波動はビルのあちこちから放たれており、地縛霊が何体か憑依していることはすぐに感じ取れました。また、それら数体の地縛霊が憑依していることにより、ビル全体が負の波動を放っており、それに引き寄せられるように低級霊や動物霊が辺りを飛び交っているという、良くない状況でした。

建物に染み付いた絶望の念

「心霊現象はビルの2階、4階、5階で起きています。黒い人影がいる、誰もいないのに足音が響く、男のうめき声が聞こえる、などです。落札した際は何も聞かされていなかったのですが、詳しく調査してみたところ、過去に自殺が3回もあったそうなのです。おそらく心霊現象が起きている階がそれに該当するのだと思います」オーナーさんはそう教えてくれましたが、私自身の霊感では、2階にはあまり禍々しい波動は感じられませんでしたが、その代わりに4階部分からひときわ歪んだ波動が放たれていました。4階でふたり、5階でひとりお亡くなりになっているようです。

霊視を続けると、このビルは以前、貧困層向けの宿泊施設として使われていたことがわかりました。主に賃貸物件を借りられないような方を対象にして、一泊数千円の安値で寝床を提供していたようで、生活に困窮する方々の淀んだ感情が壁や床にじっとりと染み込んでいたのです。お金がない、仕事がない、人生の先が見えない。焦りと孤独、無力感、絶望に心を蝕まれ、中には衝動的に自殺を選んでしまった方も何人かいらっしゃったのでしょう。不浄霊の巣窟と化した恐ろしいビルでしたが、私はその奥底に漂う無念を感じ取り、大変悲しい気分になりました。

大部屋を一人で掃除するようなお祓い

大がかりなお祓いになることは予測できていましたので、私はあらかじめイタコ組合本部から、オーナー様の事務所宛てにお祓い用の荷物を郵送してありました。白木の祭壇、注連縄、聖水、清酒、塩といったお馴染みの道具です。それらを広げ、祭壇を組み、不浄霊の成仏と浄化のための儀式を始めました。霊達の力は決して強いものではなく、イタコ一人の祈祷で対応可能なものでしたが、建物全体の淀みがひどく、全て浄化するのは並大抵のことではありませんでした。例えて言うなら、数十畳もの大部屋をひとりで拭き掃除するような作業です。拭き掃除自体はたいしたことのない作業なのですが…。結局、全てを終わらせるのに半日以上掛かりました。

疲れ果てた鑑定から数ヵ月後、イタコ組合宛てにお礼のお手紙が届きました。お祓い以降、心霊現象の類は一切起きていないとのことです。ご報告を聞いてほっと胸をなでおろしました。もちろん、ご相談者様の問題が解決したことも嬉しいのですが、かつてないほど大がかりで大変なお祓いでしたので、自分の苦労が報われたことにも安堵しました。イタコ組合には「同様のお祓い依頼が入った時は、複数名で向かったほうが良いと思われます」と報告させていただきました。